BLOG

ARCH(K)INDY vol.13「建築家:森田一弥氏」に参加しました。

2014年09月29日

27日(土)は福岡で行われた建築イベント「ARCH(K)INDY」(アーキンディ)に参加してきました。このイベントは、福岡の建築家の清原昌洋さんとイノウエサトルさんが中心となって、日本のみならず海外で活躍されている若手建築家を招いて行われているもので、今回で13回目のイベントです。今回からお友だちのナガハマデザインスタジオのお二人が、運営に関わられるとのことでお誘いをいただき、恥ずかしながら、今回が初参加。久しぶりに刺激をいただき、この企画自体も折りを見て触れさせて頂きたい貴重なイベントだと感じました。

今回のゲストは「森田一弥」さん。京都で左官職人の経歴を持たれる異色の建築家。レクチャーの内容もそうですが、口調や人柄など、建築だけでなく人間としても魅力のある方だと感じました。氏のお言葉に合わせて、これまでの自分の仕事を振り返ると、設計や現場で感じた違和感を言語化でき、また、自分に不足しているものを感じる貴重な場となりました。

建築の魅力に「時間」があります。日常の建築では、コストやメンテナンスフリーなどの条件によって排除されがちですが、時間とともに建築の価値が増していく、人とともに歳を重ねるごとに深みがでるようなものがつくりたいのだと改めて思いました。

archindyvol13